人気ブログランキング |

こんにちは。今日午前中はジャムさんの散歩をしました。
おいしそうに草を食べていました。散歩後のジャムさんは少し疲れたか水を飲み
小屋の中で休んでいる模様です。

今日4月22日は「アースデイ(地球を愛する日)」です。
アメリカで1970年4月、ウィスコンシン州選出のG・ネルソン上院議員の
呼びかけで始まったと言われています。

昔「北極のナヌー」という映画をみました。過酷な環境でのホッキョクグマの生活が映し出されていました。
私たちは一日3食いただいていることが申し訳なく思いました。
地球に負担を掛けない生き方をしていきたいものです。

ここ2年出店していた「アースデイ東北」。
今年は5月26日(日)仙台市錦町公園で行われます。
https://www.facebook.com/earthdaytohoku/
スローバブックスは、別件の仕事のため出店できず残念です。
例年、素敵な出店者さんが多数集まります。足を運んでいただければ幸いです。

@ 店長

b0365875_14032706.jpg






by hiro7632 | 2019-04-22 14:03 | 今日は何の日 | Comments(0)

忘れないで 

こんばんは。やっと春らしくなってきましたね。
オオイヌフグリも顔をのぞかせています。

今日3月1日は、第五福竜丸事件が発生した日です。
日本のマグロ漁船「第五福竜丸」は、太平洋のビキニ環礁でアメリカの水爆実験による死の灰を浴びました。
1954年ですので今年で65年になります。
23人の乗組員全員が急性放射能症にかかり、付近の島の人々もおおぜい被爆しました。
無線長の久保山愛吉さんは、事件から約半年後、「原水爆の被害者はわたしを最後にしてほしい」と言って
亡くなります。

絵本「ここが家だ」は小学校高学年以上の皆様に読んでほしい一冊です。
「この物語が忘れられるのをじっと待っている人たちがいる」という帯に書かれた言葉が衝撃的です。
伝えていかなければならないと強く感じます。
ベン・シャーンの力強い絵と、アーサー・ビナードさんのシンプルな言葉が事実を伝えてくれます。

核兵器の廃絶と平和を祈ります。

@ 店長

b0365875_20420916.jpg
                 



by hiro7632 | 2019-03-01 20:44 | 今日は何の日 | Comments(0)

やなせたかしさん

こんばんは。今日は秋晴れの良い一日でした。

本日は詩人・漫画家であった「やなせたかし」さんの命日です。2013年の今日94歳で亡くなりました。
やなせさんの人生を少しだけ振り返ると、5歳で父を亡くし、7歳で母が再婚、叔父夫婦に育てられます。
20歳前半で中国へ出征、終戦後帰国すると、弟が戦死したことが分かり、辛い経験をしています。

先月、NPOの障害者施設でやなせたかしさんに焦点を当て「朗読会」を実施しました。
やなせさんの人生を紹介するとともに、絵本「やさしいライオン」を朗読しました。
みなしごのライオン「ブルブル」と、めすいぬの育ての親「ムクムク」の物語です。
やなせさんの人生が反映されているような内容で、朗読中涙が出そうになりました。
さまざまな障害を持つ十数名の皆さんは私の拙い朗読にも耳を傾けて聞いてくれました。
「やさしいライオン」はとても悲しい結末ですが、ブルブルのやさしさが伝わってくる素敵な作品です。

b0365875_10044357.jpg


「アンパンマンのマーチ」「てのひらを太陽に」の詞も心に響きますね。
やなせさんの人生をこれからも追いかけていきたいです。

@ 店長


by hiro7632 | 2018-10-13 23:40 | 今日は何の日 | Comments(0)

谷口稜曄さん

こんにちは。今日は雨も上がったのでジャムさんの草を手刈りしました。
少し乾かしてからさしあげました。ムシャムシャと素朴に食べていました。

今日は谷口稜曄さんの命日です。昨年の今日88歳でお亡くなりになりました。
谷口さんは1945年8月9日、長崎市で郵便配達中に被爆し背中一面を焼かれ、
3年7カ月の入院生活を余儀なくされました。
2010年には「赤い背中」の写真を手に、国連で核兵器廃絶を世界に訴えました。
ご健在であったならば、伝えたいことがたくさんあったと思います。

先日、「ナガサキの郵便配達」 原作:ピーター・タウンゼントを購入しました。
まだ前半部分しか読めてませんが、谷口さんの生い立ちや日本が戦争へ突入したことなど書かれています。
谷口さんの生涯や被爆者の現実を知りたいと思います。

b0365875_16581913.jpg

世界から一日でも早く核兵器が廃絶されることを祈ります。

@ 店長







by hiro7632 | 2018-08-30 17:03 | 今日は何の日 | Comments(0)

谷口ジローさん

こんばんは。2月に入り春の日差しが感じるようになりました。
今日は「ふきのとう」の苦みを堪能しました。天ぷらそして味噌にしていただきました。

今日は漫画家谷口ジローさんの命日です。昨年の今日69歳でお亡くなりになりました。
谷口さんの作品は画風的にも物語的にも「ノスタルジー」を感じさせてくれます。
ノスタルジーはフランス語ですが、谷口さんはフランスと繋がりもあり、
アングレーム国際漫画祭へ招待されたり、「歩くひと」の仏訳版が出版されています。
「いざなうもの その壱 花火(原作:内田百聞『冥途』)」が絶筆となりました。
まだまだ漫画で自分自身を表現したかった無念さが伝わってきます。
この機会に谷口ジローさんの作品に触れていただければ幸いです。

@ 店長


b0365875_21154270.jpg


by hiro7632 | 2018-02-11 21:16 | 今日は何の日 | Comments(0)

おむすび

おはようございます。毎日寒い日が続いていますね。
今日は「森のイスキア」を主宰した佐藤初女さんの命日です。
2年前に94歳でお亡くなりになりました。
初女さんは1992年に岩木山麓に「森のイスキア」を開設。
来訪者に「食」でおもてなし、心を癒やしてきました。

食を大事にした初女さん。今朝玄米おむすびを作ってみました。
「初女さんのお料理」という本によると、おいしい「おむすび」を作るには、
いつもより少しかために炊いて、一粒一粒が呼吸できるように
ふんわりと握ることがコツとのこと。
心をこめて作られた食べ物は人の心を癒やすのでしょう。
今年も「食」を大事にして素朴に暮らしていきたいです。

@ 店長

b0365875_09065075.jpg


b0365875_09071284.jpg


by hiro7632 | 2018-02-01 09:07 | 今日は何の日 | Comments(0)

手塚治虫さん

こんにちは。今日は久しぶりに日差しが降り注ぎ穏やかな日々ですね。
今日は漫画家「手塚治虫」さんの誕生日です。
1928年生まれなので、来年が生誕90年になります。
10年ぐらい前に見たNHKスペシャル「ラストメッセージ」がとても印象に残っています。
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20061105
亡くなる3ケ月前に子どもたちへ「命の大切さ」をやさしく、力強く語りかけます。
病魔と闘いながら、漫画を通し自分自身を表現している姿、
地球を大事にすること、戦争の愚かさなどが伝わってきて心が打たれました。
番組終盤では子どもたちが大人になり再会、手塚さんの思いを語ります。
手塚さんと同じ医学の道へ進んだ方もいたようでした。
60歳の若さで生涯を閉じた手塚さん。日々大事に懸命に生きたいものです。

@ 店長
b0365875_12161342.jpg










by hiro7632 | 2017-11-03 12:17 | 今日は何の日 | Comments(0)

星野道夫さん

こんにちは。梅雨が明けたにもかかわらず、湿気がものすごいです。
茶の間の湿度が何と91%。午後からこたつに炭を入れ、乾燥させています。

今日は動物写真家星野道夫さんの命日です。
1996年8月8日未明、テレビ番組収録のため、ロシア・カムチャッカ半島クリル湖畔に滞在中、
ヒグマに襲われお亡くなりになりました。享年43歳でした。

星野さんは1978年の26歳の時に、アラスカ大学へ入学。野生動物管理学を学びました。
以後アラスカの自然と暮らしを見つめ、写真と文章で記録し続けました。

「星野道夫 永遠のまなざし」 山と渓谷社 小坂洋右・大山宅悠著を読んでいます。
この本には星野さんがどうしてヒグマに襲われたのか、丁寧に取材され、事故の真相が描かれています。
生前星野さんは、はじめから人を襲おうとするクマはおらず、近距離で出会った場合、
人も恐ろしいが、クマの方も怖いと語っています。

第1章を読み終えたばかりですが、私たちは自然に対し、もっと謙虚にならなければと感じました。
志なかばでお亡くなりになった星野道夫さんのご冥福をお祈りします。

@ 店長

b0365875_18104260.jpg


by hiro7632 | 2017-08-08 18:11 | 今日は何の日 | Comments(0)

郷土出身力士 青葉城関

こんにちは。暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。
ロバのジャムさんは食欲旺盛で草をもりもり食べています。
「カヤ」が大好物です。間違って「ガマ」を与えても食べません。
ネスカフェゴールドブレンドではありませんが、違いの分かるロバさんです。

1986年(昭和61年)7月17日、仙台市出身の力士、元関脇青葉城関が引退しました。
青葉城関のすごいところは、昭和39年夏場所の序ノ口から一度も休まず、
史上最多の連続1630回出場の大記録を打ち立てたことです。
しかし、この日(名古屋場所12日目)自分の相撲が取れなくなったとして引退に踏み切りました。

通算勝ち星や優勝記録も素晴しいですが、青葉城関の根性と粘り強さに敬意を表します。
宮城県出身の関取はしばらく出ていませんが、活躍を待ちたいところです。

@ 店長



by hiro7632 | 2017-07-17 18:05 | 今日は何の日 | Comments(0)

仙台空襲

こんばんは。暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。
スローバブックスも気温30℃を超えました。
サッシ戸を全開し、自然クーラーで過ごしています。

仙台空襲から今日で72年が経過しました。
焼夷弾により一晩で焼け野原となり、大勢の市民が命を絶たれました。

関連する本の一冊で、語りつぐ「私の戦時体験」仙台空襲を読んでみました。
14名の方が戦時体験を語っています。
一番印象に残ったのは当時31歳女性の証言です。

女性は国民学校の教諭で、この空襲で夫と幼子二人を失いました。
7月9日夜、夜間当番のため、夫に二児を頼み学校へ向かいました。
7月10日未明、空襲警報とともにB29の来襲、焼夷弾が無数に降ってきたとのことです。
無残にも第一番の火の手は自分の家の方向で、自分の任務を投げ打って助けに行きたかったと語っています。
翌日無言の夫と娘、息子と対面した時にはどんなに辛かったことでしょう。

今ある平和に感謝します。
このような体験集を大事にして、機会があれば戦争体験者から当時のことを聞いてみたいです。

@ 店長

b0365875_21473642.jpg







by hiro7632 | 2017-07-10 21:51 | 今日は何の日 | Comments(0)