人気ブログランキング |

旅立ち 

こんにちは。三寒四温。今日は風が冷たい一日でした。
今日は手島圭三郎さんの「おおはくちょうのそら」をご紹介します。

おおはくちょうの家族の物語です。一羽の子どもが病気で飛ぶことができなくなります。
お父さんは迷いましたが北の国への旅立ちを決断します。
家族の深い愛情そして自然の厳しさを感じさせてくれます。
ラストが感動的です。一緒に来ることができなかった子どもを思い浮かべます。
すると空には・・・。悲しくも家族の力強い絆を感じます。

手島圭三郎さんは北海道生まれ。
中学校の美術教諭を20年勤め、退職し版画家として独立しました。
「しまふくろうのみずうみ」「ひぐまのあき」など北海道の大自然の生き物たちを
描いた絵本を数多く手掛けています。
小さい時から、虫の音や流氷の音、動物や鳥の鳴き声を子守唄として育ったということです。
手島圭三郎さんの力強い版画の絵本に触れていただければ幸いです。

@ 店長

b0365875_17561760.jpg




by hiro7632 | 2019-03-08 17:56 | 本の紹介 | Comments(0)