大転換

今夜は国見町の観月台文化センターにて映画「日本と再生」を妻と一緒に観てきました。
監督の河合弘之さん(弁護士)は「自然エネルギーと省エネ」を描くためにこの映画を製作したということです。
内容は日本の自然エネルギーは世界と比べ立ち遅れており、地域分散型エネルギーが必要なこと。
自然エネルギーを阻む3つの壁があること。「接続可能量」「空き容量ゼロ」「連系負担金」
原発製造コストは上昇していることなどでした。

「自然エネルギーを阻む3つの壁」について理解できないところもあり、知識を身に付けなければ・・・と思いました。
鑑賞者は約20名と思ったほど少なく、20~30歳代の若者にもっと観てほしいなあと感じました。
原発から自然エネルギーへ「大転換」をしなければいけません。一人ひとり考え、行動していきたいものです。

来週の6月3日(土)は丸森町の筆甫まちづくりセンターで上映されます。
足を運んでいただければうれしいです。

@ 店長

b0365875_22065475.jpg







[PR]
by hiro7632 | 2017-05-27 22:13 | 映画 | Comments(0)